どちから

  1. どちらかと言へば麦茶の有難く  稲畑汀子【季語=麦茶(夏)】

    どちらかと言へば麦茶の有難く稲畑汀子誰かの家に行き、あるいは仕事の打ち合わせなどで、「何がいいですか?」といくつかの選択肢を提示されたが、これというものがない。「…まあ、じゃあ麦茶で」の「…まあ、じ…

おすすめ記事

  1. 鞦韆は漕ぐべし愛は奪ふべし 三橋鷹女【季語=鞦韆(春)】
  2. 【春の季語】春節
  3. 【クラファン目標達成記念!】神保町に銀漢亭があったころリターンズ【16】/寺澤佐和子(「磁石」同人)
  4. 【クラファン目標達成記念!】神保町に銀漢亭があったころリターンズ【9】/小田島渚(「銀漢」「小熊座」同人)
  5. 【連載】加島正浩「震災俳句を読み直す」第8回

Pickup記事

  1. 【書評】吉田林檎『スカラ座』(ふらんす堂、2019年)
  2. 薄氷の筥の中なる逢瀬かな 大木孝子【季語=薄氷(春)】
  3. いつよりも長く頭を下げ初詣 八木澤高原【季語=初詣(新年)】
  4. 神保町に銀漢亭があったころ【第103回】中島三紀
  5. くゝ〳〵とつぐ古伊部の新酒かな 皿井旭川【季語=新酒(秋)】
PAGE TOP