ぬぐう

  1. こぼれたるミルクをしんとぬぐふとき天上天下花野なるべし 水原紫苑

    こぼれたるミルクをしんとぬぐふとき天上天下花野なるべし水原紫苑言葉一個一個のはたらきや語義の云々に特別気をとめず、「なるべし」という確信とともに渡される「花野」に連れ去られてしまうのが、この歌の最も…

おすすめ記事

  1. 啜り泣く浅蜊のために灯を消せよ 磯貝碧蹄館【季語=浅蜊(春)】
  2. 水鏡してあぢさゐのけふの色 上田五千石【季語=あぢさゐ(夏)】
  3. 【冬の季語】小六月
  4. 雪解川暮らしの裏を流れけり 太田土男【季語=雪解川(春)】
  5. 忽然と昭和をはりぬ夕霧忌 森竹須美子【季語=夕霧忌(冬)】

Pickup記事

  1. 「我が毒」ひとが薄めて名薬梅雨永し 中村草田男【季語=梅雨(夏)】
  2. 【新年の季語】正月
  3. 【連載】加島正浩「震災俳句を読み直す」第7回
  4. 【冬の季語】冬来たる(冬来る)
  5. 温室の空がきれいに区切らるる 飯田晴【季語=温室(冬)】
PAGE TOP