ばばばか

  1. ばばばかと書かれし壁の干菜かな   高濱虚子【季語=干菜(冬)】

    ばばばかと書かれし壁の干菜かな高濱虚子(『五百句』)虚子にこういう句があって、ちょっと笑ってしまう。出だしの「ばばば」も可笑しいが、「か」を軸とする「あ」母音の生み出すリズムが軽やかで、向日性がある…

おすすめ記事

  1. 【結社推薦句】コンゲツノハイク【2021年5月分】
  2. 夫婦は赤子があつてぼんやりと暮らす瓜を作つた 中塚一碧楼
  3. 【春の季語】雛人形
  4. 「けふの難読俳句」【第1回】「直会」
  5. 神保町に銀漢亭があったころ【第18回】谷岡健彦

Pickup記事

  1. 【冬の季語】冬桜
  2. 笠原小百合の「競馬的名句アルバム」【第1回】2012年・皐月賞
  3. 「我が毒」ひとが薄めて名薬梅雨永し 中村草田男【季語=梅雨(夏)】
  4. 【秋の季語】紫式部の実/式部の実 実紫 子式部
  5. 【冬の季語】冬の水
PAGE TOP