ひめ始

  1. ひめはじめ昔男に腰の物 加藤郁乎【季語=ひめ始(新年)】

    ひめはじめ昔男に腰の物加藤郁乎(『江戸桜』)〈ひめはじめ〉とは、1月2日の行事。新年になって初めて男女が愛し合うことと認識されている。歳時記の表記は「ひめ始」。「ひめ始」には諸説あり、正月に軟らかく…

おすすめ記事

  1. 義士の日や途方に暮れて人の中 日原傳【季語=義士の日(冬)】
  2. 【秋の季語】新酒/今年酒
  3. 【連載】加島正浩「震災俳句を読み直す」第2回
  4. 紅葉の色きはまりて風を絶つ 中川宋淵【季語=紅葉(秋)】
  5. 夏が淋しいジャングルジムを揺らす 五十嵐秀彦【季語=夏(夏)】

Pickup記事

  1. おなじ長さの過去と未来よ星月夜 中村加津彦【季語=星月夜 (秋)】
  2. 父がまづ走つてみたり風車 矢島渚男【季語=風車(春)】
  3. 寒いねと彼は煙草に火を点ける 正木ゆう子【季語=寒い(冬)】
  4. 【夏の季語】噴水
  5. 「パリ子育て俳句さんぽ」【1月22日配信分】
PAGE TOP