ほどけそむ

  1. 大利根にほどけそめたる春の雲 安東次男【季語=春の雲(春)】

    大利根にほどけそめたる春の雲)安東次男)大阪で生まれ育った私にとって、最も親しい川は大和川。一級河川ではあるが、流域面積日本一の利根川には及ぶべくもない。だがそんな利根川も関西を離れるまでは、教科書…

おすすめ記事

  1. 餅花のさきの折鶴ふと廻る 篠原梵【季語=餅花(新年)】
  2. 【連載】歳時記のトリセツ(13)/関悦史さん
  3. 【連載】「ゆれたことば」#3「被災地/被災者」千倉由穂
  4. 黒揚羽に当てられてゐる軀かな 飯島晴子【季語=黒揚羽(夏)】
  5. 澁柿を食べさせられし口許に 山内山彦【季語=柿(秋)】

Pickup記事

  1. 香水の一滴づつにかくも減る 山口波津女【季語=香水(夏)】
  2. 休みの日晝まで霜を見てゐたり 永田耕衣【季語=霜(冬)】
  3. 毛帽子をかなぐりすててのゝしれる     三木朱城【季語=毛帽子(冬)】
  4. 神保町に銀漢亭があったころ【第123回】大住光汪
  5. 「パリ子育て俳句さんぽ」【10月23日配信分】
PAGE TOP