やっと

  1. やつと大きい茶籠といつしよに眠らされ 飯島晴子【無季】

    やつと大きい茶籠といつしよに眠らされ)飯島晴子前回、晴子には赤子俳句が多いと言ったが、その一つがこれである。はっきりとはしないが、その直後に〈草に木に手を隠しゆく宮参〉が並べられていることもあり、私…

おすすめ記事

  1. 春の雁うすうす果てし旅の恋 小林康治【季語=春の雁(春)】
  2. 【クラファン目標達成記念!】神保町に銀漢亭があったころリターンズ【9】/小田島渚(「銀漢」「小熊座」同人)
  3. ふんだんに星糞浴びて秋津島 谷口智行【季語=星糞(秋)】
  4. ラガーらの目に一瞬の空戻る 阪西敦子【季語=ラガー(冬)】
  5. 彎曲し火傷し爆心地のマラソン 金子兜太

Pickup記事

  1. 破門状書いて破れば時雨かな 詠み人知らず【季語=時雨(冬)】
  2. 老人になるまで育ち初あられ 遠山陽子【季語=初霰(冬)】
  3. 【新年の季語】雑煮
  4. コンゲツノハイクを読む【2021年7月分】
  5. 【結社推薦句】コンゲツノハイク【2023年10月分】
PAGE TOP