テロリズム

  1. 【連載】もしあの俳人が歌人だったら Session#9

    【連載】もしあの俳人が歌人だったらSession#9このコーナーは、気鋭の歌人のみなさまに、あの有名な俳句の作者がもし歌人だったら、どう詠んでいたかを想像(妄想)していただく企画です。今月取り上げる名句は、中原道夫…

  2. 【書評】松本実穂 第1歌集『黒い光』(角川書店、2020年)

    〈歴史のなかのわたし〉あるいは〈わたしのなかの歴史〉を撮るということ松本実穂 第1…

おすすめ記事

  1. 飯蛸に昼の花火がぽんぽんと 大野朱香【季語=飯蛸(春)】
  2. 【連載】俳人のホンダナ!#6 藤原暢子
  3. 茎石に煤をもれ来る霰かな 山本村家【季語=茎石(冬)】
  4. 新道をきつねの風がすすんでゐる 飯島晴子【季語=狐(冬)】
  5. 【春の季語】蜃気楼

Pickup記事

  1. 葛の花むかしの恋は山河越え 鷹羽狩行【季語=葛の花(秋)】
  2. 生きのよき魚つめたし花蘇芳 津川絵理子【季語=花蘇芳(春)】
  3. つぶやきの身に還りくる夜寒かな 須賀一惠【季語=夜寒(秋)】
  4. 木枯やたけにかくれてしづまりぬ 芭蕉【季語=木枯(冬)】
  5. 「パリ子育て俳句さんぽ」【9月11日スタート】
PAGE TOP