ヒヤシンス

  1. 【春の季語】ヒヤシンス

    【春の季語=晩春(4月)】ヒヤシンス江戸時代末期にヨーロッパから渡来した球根性多年草であり、「チューリップ」に勝るとも劣らない春先の球根植物である。香りもいい。語源については、Wikipediaの以下の文章…

  2. 銀河系のとある酒場のヒヤシンス 橋 閒石【季語=ヒヤシンス(春)】

    銀河系のとある酒場のヒヤシンス橋 閒石(『橋閒石全句集』)…

  3. 窓眩し土を知らざるヒヤシンス 神野紗希【季語=ヒヤシンス(春)】 

    窓眩し土を知らざるヒヤシンス)神野紗希コロナ禍が始まった2…

  4. 止まり木に鳥の一日ヒヤシンス  津川絵理子【季語=ヒヤシンス(春)】

    止まり木に鳥の一日ヒヤシンス 津川絵理子わが家は一部屋しか…

おすすめ記事

  1. つひに吾れも枯野のとほき樹となるか 野見山朱鳥【季語=枯野(冬)】
  2. 白息の駿馬かくれもなき曠野 飯田龍太【季語=白息(冬)】
  3. 寒天煮るとろとろ細火鼠の眼 橋本多佳子【季語=寒天(冬)】
  4. 黒揚羽に当てられてゐる軀かな 飯島晴子【季語=黒揚羽(夏)】
  5. 【連載】歳時記のトリセツ(11)/佐藤りえさん

Pickup記事

  1. 【連載】もしあの俳人が歌人だったら Session#9
  2. 【書評】津川絵理子 第3句集『夜の水平線』(ふらんす堂、2020年)
  3. 【冬の季語】兎狩
  4. 潜り際毬と見えたり鳰 中田剛【季語=鳰(冬)】 
  5. 【結社推薦句】コンゲツノハイク【2022年9月分】
PAGE TOP