一燈

  1. 一燈を消し名月に対しけり 林翔【季語=名月(秋)】

    一燈を消し名月に対しけり)林翔 月は可能な限り毎日見ているが、やはり中秋の名月は格別だ。それだけに俳句にしようとするとどこから手をつければ良いのかわからなくなることがあるのは筆者だけではないだろう。…

おすすめ記事

  1. 【冬の季語】冬野
  2. 【クラファン目標達成記念!】神保町に銀漢亭があったころリターンズ【11】/吉田林檎(「知音」同人)
  3. 【春の季語】蝶
  4. 【冬の季語】雪兎
  5. 雨聴いて一つ灯に寄る今宵かな 村上鬼城【季語=無月(秋)?】

Pickup記事

  1. 丹田に力を入れて浮いて来い 飯島晴子【季語=浮いて来い(夏)】
  2. 屋根替の屋根に鎌刺し餉へ下りぬ 大熊光汰【季語=屋根替(春)】
  3. 目薬の看板の目はどちらの目 古今亭志ん生
  4. 野崎海芋の「たべる歳時記」 七草粥
  5. 俳人・広渡敬雄とゆく全国・俳枕の旅【第34回】鎌倉と星野立子
PAGE TOP