下駄

  1. 大根の花まで飛んでありし下駄 波多野爽波【季語=大根の花(春)】 

    大根の花まで飛んでありし下駄)波多野爽波『骰子』見たままをただ書いたようなとぼけた味わいのある句だ。さらっと書かれているようで「大根の花」という日常に根差した慎ましい花に「下駄」というアイテムがよく…

おすすめ記事

  1. 什器全て鈍器に見えて冬籠 今井聖【季語=冬籠(冬)】
  2. 【夏の季語】水中花/酒中花
  3. 「パリ子育て俳句さんぽ」【10月2日配信分】
  4. 神保町に銀漢亭があったころ【第37回】朽木直
  5. 「けふの難読俳句」【第3回】「象」

Pickup記事

  1. 【冬の季語】冬来たる(冬来る)
  2. 裸木となりても鳥を匿へり 岡田由季【季語=裸木(冬)】
  3. 【冬の季語】探梅
  4. 秋草のはかなかるべき名を知らず 相生垣瓜人【季語=秋草(秋)】
  5. 三月の又うつくしきカレンダー 下田実花【季語=三月(春)】
PAGE TOP