佐怒賀正美

  1. 【書評】佐怒賀正美 第7句集『無二』(ふらんす堂、2018年)

    旅の先々で、生者の声を聴く佐怒賀正美 第7句集『無二』(ふらんす堂、2018年)「秋」主宰・佐怒賀正美の『無二』は、2014年後半から2018年夏頃までの句を収めた第7句集だ。薄い茶色がかった色で印字された…

  2. マフラーの長きが散らす宇宙塵 佐怒賀正美【季語=マフラー(冬)】

    マフラーの長きが散らす宇宙塵佐怒賀正美昨年12月、小惑星リ…

  3. 神保町に銀漢亭があったころ【第12回】佐怒賀正美

    白熱句会の思い出など佐怒賀正美(「秋」主宰)神保町の交差点から専修大学方面…

おすすめ記事

  1. 刈草高く積み軍艦が見えなくなる 鴻巣又四郎【季語=草刈(夏)】
  2. 柿くへば鐘が鳴るなり法隆寺 正岡子規【季語=柿(秋)】
  3. ラグビーのジヤケツの色の敵味方 福井圭児【季語=ラグビー(冬)】
  4. 【冬の季語】春隣
  5. 【夏の季語】噴水

Pickup記事

  1. 【夏の季語】泉
  2. 除草機を押して出会うてまた別れ 越野孤舟【季語=除草機(夏)】
  3. 啜り泣く浅蜊のために灯を消せよ 磯貝碧蹄館【季語=浅蜊(春)】
  4. 【冬の季語】浮寝鳥
  5. 【春の季語】野に遊ぶ
PAGE TOP