何か

  1. 少女期は何かたべ萩を素通りに 富安風生【季語=萩(秋)】

    少女期は何かたべ萩を素通りに富安風生先週、爽波の句について考えるに富安風生の「わからぬ句好きなわかる句ももすもも」を引き合いに出した。風生をディスっていると思われたなら心外でして、むしろ風生の俳句は…

  2. 人はみななにかにはげみ初桜 深見けん二【季語=初桜(春)】

    人はみななにかにはげみ初桜深見けん二初桜とはその年に初めて…

おすすめ記事

  1. 馴染むとは好きになること味噌雑煮 西村和子【季語=雑煮(新年)】
  2. 【読者参加型】コンゲツノハイクを読む【2024年2月分】
  3. 海松かゝるつなみのあとの木立かな  正岡子規【季語=海松(春)】
  4. 男欲し昼の蛍の掌に匂ふ 小坂順子【季語=蛍(夏)】
  5. 【年越し恒例】くま太郎とうさ子の「セポクリゆく年くる年」【2020年→2021年】

Pickup記事

  1. 【秋の季語】鰯雲/鱗雲 鯖雲
  2. 雪虫のそつとくらがりそつと口笛 中嶋憲武【季語=雪虫(春)】 
  3. 【新年の季語】去年今年
  4. 神保町に銀漢亭があったころ【第74回】木暮陶句郎
  5. やがてわが真中を通る雪解川 正木ゆう子【季語=雪解川(春)】
PAGE TOP