元気

  1. 日本の元気なころの水着かな 安里琉太【季語=水着(夏)】

    日本の元気なころの水着かな安里琉太作者は1994年生まれ。ハイレグの水着なんて、遠い昔のことで、むしろなぜこんなものが流行していたのか、皆目見当がつかぬ、という世代だろう。そういう、ジュリ扇はもちろ…

おすすめ記事

  1. 【夏の季語】閻魔詣/閻魔 閻王 宵閻魔 閻魔帳
  2. 来たことも見たこともなき宇都宮 /筑紫磐井
  3. 啜り泣く浅蜊のために灯を消せよ 磯貝碧蹄館【季語=浅蜊(春)】
  4. つゆくさをちりばめここにねむりなさい 冬野虹【季語=露草 (秋)】
  5. 結婚は夢の続きやひな祭り 夏目雅子【季語=雛祭(春)】

Pickup記事

  1. 【結社推薦句】コンゲツノハイク【2021年11月分】
  2. ふゆの春卵をのぞくひかりかな 夏目成美【季語=冬の春(冬)】
  3. 愉快な彼巡査となつて帰省せり 千原草之【季語=帰省(夏)】
  4. 【秋の季語】二百十日/厄日 二百二十日
  5. パン屋の娘頬に粉つけ街薄暑 高田風人子【季語=薄暑(夏)】
PAGE TOP