内装

  1. 内装がしばらく見えて昼の火事 岡野泰輔【季語=火事(冬)】

    内装がしばらく見えて昼の火事)岡野泰輔(句集「なめらかな世界の肉」(2016年)より)そのころ火と火はお互いに親しかった。・・・いつも火は別の火と手を結び、無数の火を糾合することができた。・・・火は…

おすすめ記事

  1. ペスト黒死病コレラは虎列刺コロナは何と 宇多喜代子【季語=コレラ(夏)】
  2. 赤き茸礼讃しては蹴る女 八木三日女【季語=茸(秋)】
  3. 秋櫻子の足あと【第10回】谷岡健彦
  4. 黒岩さんと呼べば秋気のひとしきり 歌代美遥【季語=秋気(秋)】
  5. ワイシャツに付けり蝗の分泌液 茨木和生【季語=蝗(秋)】

Pickup記事

  1. へうたんも髭の男もわれのもの 岩永佐保【季語=瓢箪(秋)】
  2. 【冬の季語】鯨
  3. 節分や海の町には海の鬼 矢島渚男【季語=節分(冬)】
  4. 【春の季語】春分の日
  5. 蝶落ちて大音響の結氷期 富沢赤黄男【季語=結氷期(冬)】
PAGE TOP