出ずる

  1. 黒鯛のけむれる方へ漕ぎ出づる 宇多喜代子【季語=黒鯛(夏)】

    黒鯛のけむれる方へ漕ぎ出づる宇多喜代子(『宇多喜代子俳句集成』)故郷の家のすぐそばに潮の上がってくる川があって、子どもの頃に釣りなどをしてさんざん海や川に親しんで育ってきた経験からの勝手な印象なのだ…

おすすめ記事

  1. 象潟や蕎麦にたつぷり菊の花 守屋明俊【季語=菊(秋)】
  2. 【読者参加型】コンゲツノハイクを読む【2023年1月分】
  3. 少女期は何かたべ萩を素通りに 富安風生【季語=萩(秋)】
  4. こんな本が出た【2021年5月刊行分】
  5. 神保町に銀漢亭があったころ【第104回】坂崎重盛

Pickup記事

  1. うららかさどこか突抜け年の暮 細見綾子【季語=年の暮(冬)】
  2. 【冬の季語】小春日和
  3. 【#36】ベトナムの5 dong ke(ナム・ヨン・ケー)と出会った時の話
  4. 笠原小百合の「競馬的名句アルバム」【第4回】2010年/2011年エリザベス女王杯
  5. 【冬の季語】雪
PAGE TOP