分ける

  1. 血を分けし者の寝息と梟と 遠藤由樹子【季語=梟(冬)】 

    血を分けし者の寝息と梟と)遠藤由樹子残念ながら、いまだ野生のフクロウを見たことも、鳴き声を聞いたこともない。野鳥観察をしているといっても、基本的に自転車で行ける範囲なので、せいぜい家から十数キロの平…

  2. 夏草を分けまつさをな妣の国 恩田侑布子【季語=夏草(夏)】

    夏草を分けまつさをな妣の国恩田侑布子折口信夫に「妣が国へ・…

おすすめ記事

  1. 【春の季語】涅槃絵図
  2. 【#40】「山口誓子「汽罐車」連作の学術研究とモンタージュ映画」の続き
  3. 【冬の季語】冬に入る
  4. 【連載】加島正浩「震災俳句を読み直す」第6回
  5. 【冬の季語】咳

Pickup記事

  1. 【結社推薦句】コンゲツノハイク【2023年2月分】
  2. 黒鯛のけむれる方へ漕ぎ出づる 宇多喜代子【季語=黒鯛(夏)】
  3. 【書評】吉田林檎『スカラ座』(ふらんす堂、2019年)
  4. 「野崎海芋のたべる歳時記」ルバーブ
  5. 趣味と写真と、ときどき俳句と【#03】Sex Pistolsを初めて聴いた時のこと
PAGE TOP