刎ねる

  1. 未生以前の石笛までも刎ねる 小野初江

    未生以前の石笛までも刎ねる)小野初江)掲句との出会いはおよそ二十年前―小野初江と私が参画する俳句会「LOTUS」の創設期にさかのぼる。当時、都内某所にて人知れず「豈」と「未定」のメンバー数名が集い、…

おすすめ記事

  1. クローバーや後髪割る風となり 不破 博【季語=クローバー(春)】
  2. いつ渡そバレンタインのチョコレート 田畑美穂女【季語=バレンタインチョコ(春)】
  3. 白萩を押してゆく身のぬくさかな 飯島晴子【季語=白萩(秋)】
  4. 【冬の季語】梅探る
  5. 水中に風を起せる泉かな 小林貴子【季語=泉(夏)】

Pickup記事

  1. 「野崎海芋のたべる歳時記」パテ・ド・カンパーニュ
  2. 【新年の季語】七種(七草)【節句】
  3. 【秋の季語】芋虫
  4. 【新年の季語】獅子頭
  5. 神保町に銀漢亭があったころ【第93回】井上弘美
PAGE TOP