初める

  1. 大利根にほどけそめたる春の雲 安東次男【季語=春の雲(春)】

    大利根にほどけそめたる春の雲)安東次男)大阪で生まれ育った私にとって、最も親しい川は大和川。一級河川ではあるが、流域面積日本一の利根川には及ぶべくもない。だがそんな利根川も関西を離れるまでは、教科書…

おすすめ記事

  1. 【結社推薦句】コンゲツノハイク【2022年8月分】
  2. 菊人形たましひのなき匂かな 渡辺水巴【季語=菊人形(秋)】
  3. 骨拾ふ喉の渇きや沖縄忌 中村阪子【季語=沖縄忌(夏)】
  4. 運動会静かな廊下歩きをり 岡田由季【季語=運動会(秋)】
  5. 犬の仔のすぐにおとなや草の花 広渡敬雄【季語=草の花(秋)】

Pickup記事

  1. 春林をわれ落涙のごとく出る 阿部青鞋【季語=春林(春)】
  2. 春一番競馬新聞空を行く 水原春郎【季語=春一番(春)】
  3. 鱶のあらい皿を洗えば皿は海 谷さやん【季語=鱶(冬)】
  4. 霜柱五分その下の固き土 田尾紅葉子【季語=霜柱(冬)】
  5. 海鼠切りもとの形に寄せてある 小原啄葉【季語=海鼠(冬)】
PAGE TOP