加藤又三郎

  1. 後輩の女おでんに泣きじゃくる 加藤又三郎【季語=おでん(冬)】

    後輩の女おでんに泣きじゃくる)加藤又三郎子供の頃憧れたもののひとつに街角のおでん屋台がある。昭和の昔、ドラマの中のサラリーマンが集まっては一杯やりながら愚痴をこぼしたり笑い合ったりしていた、あの屋台…

おすすめ記事

  1. 八月の灼ける巌を見上ぐれば絶倫といふ明るき寂寥 前登志夫【季語=夏山(夏)】
  2. 【春の季語】初花
  3. 趣味と写真と、ときどき俳句と【#09】アメリカの大学とBeach Boys
  4. 【読者参加型】コンゲツノハイクを読む【2021年12月分】
  5. よもに打薺もしどろもどろ哉 芭蕉【季語=薺打つ(新年)】

Pickup記事

  1. 神保町に銀漢亭があったころ【第26回】千倉由穂
  2. 【連載】もしあの俳人が歌人だったら Session#10
  3. 節分の鬼に金棒てふ菓子も 後藤比奈夫【季語=節分(冬)】
  4. 【#41】真夏の個人的な過ごし方
  5. 小鳥来る薄き机をひからせて 飯島晴子【季語=小鳥来る(秋)】
PAGE TOP