和音

  1. 水鳥の和音に還る手毬唄 吉村毬子

    水鳥の和音に還る手毬唄)吉村毬子(『手毬唄』))吉村毬子さん、貴女が泉下の俳句國へ赴いてから早五年が過ぎました。その間、貴女が遺した唯一の句集『手毬唄』を時折り繙いては、同じ「LOTUS」同人として…

おすすめ記事

  1. 秋淋し人の声音のサキソホン 杉本零【季語=秋淋し(秋)】
  2. 数と俳句(二)/小滝肇
  3. 漕いで漕いで郵便配達夫は蝶に 関根誠子【季語=蝶(春)】
  4. 【春の季語】蝶
  5. 九月来る鏡の中の無音の樹 津川絵理子【季語=九月(秋)】

Pickup記事

  1. 一瞬で耳かきを吸う掃除機を見てしまってからの長い夜 公木正
  2. 【夏の季語】ごきぶり
  3. 誕生日の切符も自動改札に飲まれる 岡田幸生
  4. セーターを脱いだかたちがすでに負け 岡野泰輔【季語=セーター(冬)】
  5. 七夕のあしたの町にちる色帋   麻田椎花【季語=七夕(秋)】
PAGE TOP