団栗

  1. 【秋の季語】団栗

    【秋の季語=晩秋(10月)】団栗クヌギの実を代表とし、ナラ、カシワなどを含んだブナ科の実を指します。実は褐色で丸く、「どんぐりころころ」という童謡のほか、団栗独楽などの玩具として子どもに広く親しまれています。…

  2. 団栗の二つであふれ吾子の手は 今瀬剛一【季語=団栗(秋)】

    団栗の二つであふれ吾子の手は今瀬剛一今年の秋は、家の中のあ…

  3. 結構違ふよ団栗の背くらべ 小林貴子【季語=団栗(秋)】

    結構違ふよ団栗の背くらべ小林貴子俳句の楽しみのひとつは、句…

おすすめ記事

  1. 氷に上る魚木に登る童かな 鷹羽狩行【季語=紅梅(春)】
  2. 【春の季語】屋根替
  3. 「けふの難読俳句」【第2回】「尿」
  4. 【冬の季語】湯婆(たんぽ)
  5. 長き夜の四人が実にいい手つき 佐山哲郎【季語=長き夜 (秋)】

Pickup記事

  1. 【冬の季語】節分会
  2. 秋茄子の漬け色不倫めけるかな 岸田稚魚【季語=秋茄子(秋)】
  3. 神保町に銀漢亭があったころ【第120回】吉田類
  4. 卒業の子らが机を洗ひ居る 山口草堂【季語=卒業(春)】
  5. 青葉冷え出土の壺が山雨呼ぶ 河野南畦【季語=青葉冷(夏)】
PAGE TOP