1. 後の月瑞穂の国の夜なりけり 村上鬼城【季語=後の月(秋)】

    後の月瑞穂の国の夜なりけり)村上鬼城今年の後の月は10月8日。これを書いている10日は満月で、今も綺麗な月が見える。鬼城の見た後の月は大正2年のもの。大正2年11月「ホトトギス」に初出。大正…

  2. 春山もこめて温泉の国造り 高濱虚子【季語=春山(春)】

    春山もこめて温泉の国造り高濱虚子「温泉」は「いでゆ」と読む…

  3. 夏草を分けまつさをな妣の国 恩田侑布子【季語=夏草(夏)】

    夏草を分けまつさをな妣の国恩田侑布子折口信夫に「妣が国へ・…

おすすめ記事

  1. 秋鯖や上司罵るために酔ふ 草間時彦【季語=秋鯖(秋)】
  2. 稲妻となつてお前を喜ばさう 竹岡一郎【季語=稲妻(秋)】
  3. ピーマンの中の空気は忘れもの 能村研三【季語=ピーマン(夏)】
  4. 【新年の季語】歌留多
  5. 春風にこぼれて赤し歯磨粉 正岡子規【季語=春風(春)】

Pickup記事

  1. 毛糸玉秘密を芯に巻かれけり 小澤克己【季語=毛糸玉(冬)】
  2. 湖をこつんとのこし山眠る 松王かをり【季語=山眠る(冬)】 
  3. 【春の季語】春の塵
  4. 【書評】『シリーズ自句自解Ⅱベスト100 大牧広』(ふらんす堂、2017年)
  5. 木の中に入れば木の陰秋惜しむ 大西朋【季語=秋惜しむ(秋)】
PAGE TOP