堀井春一郎

  1. クリスマス「君と結婚していたら」 堀井春一郎【季語=クリスマス(冬)】

    クリスマス「君と結婚していたら」堀井春一郎(『堀井春一郎全句集 曳白』) 「君と結婚していたら」などと言う男にロクな奴はいない。そもそも本心で言っているとは到底思えないのだが、クリスマスに囁かれたら…

  2. 太宰忌や誰が喀啖の青みどろ 堀井春一郎【季語=太宰忌(夏)】

    太宰忌や誰が喀啖の青みどろ堀井春一郎(『曳白』1971年)…

おすすめ記事

  1. ひきつゞき身のそばにおく雪兎 飯島晴子【季語=雪兎(冬)】
  2. 【秋の季語】銀漢
  3. 【新連載】「野崎海芋のたべる歳時記」 兎もも肉の赤ワイン煮
  4. 神保町に銀漢亭があったころ【第83回】対馬康子
  5. 神保町に銀漢亭があったころ【第18回】谷岡健彦

Pickup記事

  1. 秋櫻子の足あと【第4回】谷岡健彦
  2. 魚のかげ魚にそひゆく秋ざくら 山越文夫【季語=コスモス(秋)】
  3. 夫いつか踊子草に跪く 都築まとむ【季語=踊子草(夏)】
  4. 東風吹かば吾をきちんと口説きみよ 如月真菜【季語=東風(春)】
  5. 花散るや金輪際のそこひまで 池田瑠那【季語=花散る(春)】
PAGE TOP