塗る

  1. 夕凪を櫂ゆくバター塗るごとく 堀本裕樹【季語=夕凪(夏)】

    夕凪を櫂ゆくバター塗るごとく)堀本裕樹『一粟』駿河台出版社2022年本連載の最終回に、私が所属する「蒼海」の堀本裕樹主宰の句を鑑賞してみたい。堀本先生の作品について何か書くのは、これが初めてである。…

  2. いちごジャム塗れとおもちゃの剣で脅す 神野紗希【季語=苺(夏)】

    いちごジャム塗れとおもちゃの剣で脅す)神野紗希)ジャムに加…

おすすめ記事

  1. 「我が毒」ひとが薄めて名薬梅雨永し 中村草田男【季語=梅雨(夏)】
  2. あたゝかな雨が降るなり枯葎 正岡子規【季語=あたたか(春)?】
  3. 「野崎海芋のたべる歳時記」鯛の塩釜焼き
  4. 「野崎海芋のたべる歳時記」蕪のクリームスープ
  5. 大河内伝次郎西瓜をまつぷたつ 八木忠栄【季語=西瓜(秋)】

Pickup記事

  1. 水中に風を起せる泉かな 小林貴子【季語=泉(夏)】
  2. 漕いで漕いで郵便配達夫は蝶に 関根誠子【季語=蝶(春)】
  3. 数へ日の残り日二日のみとなる 右城暮石【季語=数へ日(冬)】
  4. 「パリ子育て俳句さんぽ」【10月30日配信分】
  5. 【冬の季語】冬の水
PAGE TOP