大根の花

  1. 大根の花まで飛んでありし下駄 波多野爽波【季語=大根の花(春)】 

    大根の花まで飛んでありし下駄)波多野爽波『骰子』見たままをただ書いたようなとぼけた味わいのある句だ。さらっと書かれているようで「大根の花」という日常に根差した慎ましい花に「下駄」というアイテムがよく…

おすすめ記事

  1. 「けふの難読俳句」【第10回】「信天翁」
  2. 【書評】柏柳明子 第2句集『柔き棘』(紅書房、2020年)
  3. 「パリ子育て俳句さんぽ」【7月9日配信分】
  4. 海苔あぶる手もとも袖も美しき 瀧井孝作【季語=海苔(春)】
  5. 恐るべき八十粒や年の豆 相生垣瓜人【季語=年の豆(冬)】

Pickup記事

  1. 枯野ゆく最も遠き灯に魅かれ 鷹羽狩行【季語=枯野(冬)】
  2. 【連載】加島正浩「震災俳句を読み直す」第7回
  3. 糸電話古人の秋につながりぬ 攝津幸彦【季語=秋(秋)】
  4. にはとりのかたちに春の日のひかり 西原天気【季語=春の日(春)】
  5. 水を飲む風鈴ふたつみつつ鳴る 今井肖子【季語=風鈴(夏)】
PAGE TOP