大石悦子

  1. 五十なほ待つ心あり髪洗ふ 大石悦子【季語=髪洗ふ(夏)】

    五十なほ待つ心あり髪洗ふ大石悦子(『花神俳句館 大石悦子』) 女性は、待つ恋が多い。古代より女性は家の中で働き、男性は外で働く。男性が狩ってきたもので女性の生活は成り立っていた。男性もまた一人では生…

  2. 手を入れてみたき帚木紅葉かな 大石悦子【季語=紅葉(秋)】

    手を入れてみたき帚木紅葉かな大石悦子(「新版角川俳句大歳時記 秋」)…

  3. 男欲し昼の蛍の掌に匂ふ 小坂順子【季語=蛍(夏)】

    男欲し昼の蛍の掌に匂ふ小坂順子当該句は上五の「男欲し」に驚…

おすすめ記事

  1. 蜩や久しぶりなる井の頭      柏崎夢香【季語=蜩(秋)】
  2. 【春の季語】夜桜
  3. コンゲツノハイクを読む【2021年7月分】
  4. 毛皮はぐ日中桜満開に 佐藤鬼房【季語=桜(春)】
  5. 神保町に銀漢亭があったころ【第72回】本井英

Pickup記事

  1. 春の雁うすうす果てし旅の恋 小林康治【季語=春の雁(春)】
  2. 赤い椿白い椿と落ちにけり 河東碧梧桐【季語=椿(春)】
  3. 麦真青電柱脚を失へる 土岐錬太郎【季語=青麦(夏)】
  4. 枯蓮のうごく時きてみなうごく 西東三鬼【季語=枯蓮(冬)】
  5. 蜷のみち淡くなりてより来し我ぞ 飯島晴子【季語=蜷(春)】
PAGE TOP