1. 凍る夜の大姿見は灯を映す 一力五郎【季語=凍る(冬)】

    凍る夜の大姿見は灯を映す一力五郎私に影響を与えた「駒草」の先人たちというテーマで書く二回目は、一力五郎(明治35年~昭和22年)。俳人としてよりもジャーナリストとして名を遺した人かもしれない。しかし…

  2. 縄跳をもつて大縄跳へ入る 小鳥遊五月【季語=縄跳(冬)】

     縄跳をもつて大縄跳へ入る小鳥遊五月私はハリウッドザコシシ…

  3. 置替へて大朝顔の濃紫 川島奇北【季語=朝顔(秋)】

    置替へて大朝顔の濃紫川島奇北(かわしま・きほく))なんとか…

おすすめ記事

  1. 梅ほつほつ人ごゑ遠きところより 深川正一郎【季語=梅 (春)】
  2. 俳人・広渡敬雄とゆく全国・俳枕の旅【第17回】丹波市(旧氷上郡東芦田)と細見綾子
  3. 蟲鳥のくるしき春を不爲 高橋睦郎【季語=春(春)】
  4. 【#23】懐かしいノラ猫たち
  5. しろがねの盆の無限に夏館 小山玄紀【季語=夏館(夏)】

Pickup記事

  1. 短日のかかるところにふとをりて 清崎敏郎【季語=短日(冬)】
  2. 【連載】もしあの俳人が歌人だったら Session#15
  3. 神保町に銀漢亭があったころ【第18回】谷岡健彦
  4. 迷宮へ靴取りにゆくえれめのぴー 中嶋憲武
  5. 【読者参加型】コンゲツノハイクを読む【2021年11月分】
PAGE TOP