天女

  1. 天女より人女がよけれ吾亦紅 森澄雄【季語=吾亦紅(秋)】

    天女より人女(にんによ)がよけれ吾亦紅森澄雄(『所生』)日本最古の説話集といわれる『日本霊異記』には、吉祥天女像に恋をしてしまう男の話がある。吉祥天女とは、元々バラモン教の女神で、のちに仏教に入って…

おすすめ記事

  1. 薫風や今メンバー紹介のとこ 佐藤智子【季語=薫風(夏)】
  2. 秋蝶のちひさき脳をつまみけり 家藤正人【季語=秋蝶(秋)】
  3. 【夏の季語】盛夏/夏旺ん 真夏
  4. 【夏の季語】水中花/酒中花
  5. 頭を垂れて汗の男ら堂に満つ 高山れおな【季語=汗(夏)】

Pickup記事

  1. 【秋の季語】蛇穴に入る
  2. 【連載】加島正浩「震災俳句を読み直す」第9回
  3. 神保町に銀漢亭があったころ【第3回】青柳飛
  4. 【冬の季語】春待つ
  5. 「野崎海芋のたべる歳時記」エゾシカのロースト
PAGE TOP