太宰忌

  1. 太宰忌や誰が喀啖の青みどろ 堀井春一郎【季語=太宰忌(夏)】

    太宰忌や誰が喀啖の青みどろ堀井春一郎(『曳白』1971年)堀井春一郎の句柄を手短に言おうとするとき、師山口誓子の即物性を骨格とし、日野草城的な主情性を強化して私小説の成分を濃厚に加えた作家、というと…

おすすめ記事

  1. 【新番組】「ラジオ・ポクリット」【第1回】(ゲスト:鈴木牛後さん)
  2. 雛まつり杉の迅さのくらやみ川 飯島晴子【季語=雛祭(春)】
  3. 【#26-1】愛媛県南予地方と宇和島の牛鬼(1)
  4. つはの葉につもりし雪の裂けてあり     加賀谷凡秋【季語=雪(冬)】
  5. 【春の季語】春菊

Pickup記事

  1. 五十なほ待つ心あり髪洗ふ 大石悦子【季語=髪洗ふ(夏)】
  2. 血を血で洗ふ絨毯の吸へる血は 中原道夫【季語=絨毯(冬)】
  3. どれも椋鳥ごきげんよう文化祭 小川楓子【季語=椋鳥(秋)】
  4. 大根の花まで飛んでありし下駄 波多野爽波【季語=大根の花(春)】 
  5. 【連載】もしあの俳人が歌人だったら Session#7
PAGE TOP