子かまきり

  1. 手の甲に子かまきりをり吹きて逃す 土屋幸代【季語=子かまきり(夏)】

    手の甲に子かまきりをり吹きて逃す)土屋幸代(「蒼海14号」より)晩秋に樹の枝に産みつけられた蟷螂の卵は、5月ごろに孵化し、たくさんの子蟷螂が生まれる。子蟷螂はミニチュア蟷螂といった風貌でかわいい。虫…

おすすめ記事

  1. 夕立や野に二筋の水柱 広江八重桜【季語=夕立(夏)】
  2. 【新年の季語】七種粥(七草粥)
  3. 梅咲いて庭中に青鮫が来ている 金子兜太【季語=梅(春)】
  4. 笠原小百合の「競馬的名句アルバム」【第9回】2006年 朝日杯フューチュリティステークス ドリームジャーニー
  5. 絵葉書の消印は流氷の町 大串章【季語=流氷(春)】

Pickup記事

  1. 忽然と昭和をはりぬ夕霧忌 森竹須美子【季語=夕霧忌(冬)】
  2. 【春の季語】雁帰る
  3. 【冬の季語】枯芝
  4. 瀧壺を離れし水に歩を合はす 藤木倶子【季語=滝(夏)】
  5. 【クラファン目標達成記念!】神保町に銀漢亭があったころリターンズ【9】/小田島渚(「銀漢」「小熊座」同人)
PAGE TOP