室生犀星

  1. 秋の餅しろたへの肌ならべけり 室生犀星【季語=秋の餅(秋)】

    秋の餅しろたへの肌ならべけり室生犀星(「室生犀星俳句集」岩波文庫)犀星の号は魚眠洞。犀星も筆名なのだが、俳句の時はこちらを用いたようで、最初に出した句集は「魚眠洞発句集」という。実際いかほど世に知ら…

  2. 「野崎海芋のたべる歳時記」あんずのコンポート

    あんずのコンポートCompote d'abricots…

おすすめ記事

  1. 【#34】レッド・ツェッペリンとエミール・ゾラの小説
  2. ソーダ水方程式を濡らしけり 小川軽舟【季語=ソーダ水(夏)】
  3. 海鼠切りもとの形に寄せてある 小原啄葉【季語=海鼠(冬)】
  4. 美校生として征く額の花咲きぬ 加倉井秋を【季語=額の花(夏)】
  5. 犬去れば次の犬来る鳥総松 大橋越央子【季語=鳥総松(新年)】

Pickup記事

  1. 【冬の季語】短日
  2. 「野崎海芋のたべる歳時記」蕪のクリームスープ
  3. 【秋の季語】穴惑
  4. 懐手蹼ありといつてみよ 石原吉郎【季語=懐手(冬)】
  5. 【秋の季語】白式部
PAGE TOP