寝て

  1. 寒月下あにいもうとのやうに寝て 大木あまり【季語=寒月(冬)】

    寒月下あにいもうとのやうに寝て大木あまり(『火のいろに』) 近所に住む少し年上の男の子や従兄弟を「お兄ちゃん」と呼んで慕っていた女の子は多いことだろう。私も近所に住んでいた年上の従兄弟が大好きでよく…

おすすめ記事

  1. 兎の目よりもムンクの嫉妬の目 森田智子【季語=兎(冬)】
  2. 遠足や眠る先生はじめて見る 斉藤志歩【季語=遠足(春)】
  3. 神保町に銀漢亭があったころ【第61回】松野苑子
  4. 妹の手をとり水の香の方へ 小山玄紀
  5. 【冬の季語】返り花(帰り花)

Pickup記事

  1. 未来より滝を吹き割る風来たる 夏石番矢【季語=滝(夏)】
  2. 【冬の季語】雪折
  3. 霜柱五分その下の固き土 田尾紅葉子【季語=霜柱(冬)】
  4. 卒業す片恋少女鮮烈に 加藤楸邨【季語=卒業(春)】
  5. 【新年の季語】元日
PAGE TOP