対馬康子

  1. 純愛や十字十字の冬木立 対馬康子【季語=冬木立(冬)】

    純愛や十字十字の冬木立対馬康子(『愛国』)私の実家は、江戸時代からの寺請制度により真言宗の檀家であり、近所の八坂神社の氏子でもあった。神棚には御札が祀られ、毎朝水を供え祈った。庭には氏神様と呼ばれる…

  2. 俳人・広渡敬雄とゆく全国・俳枕の旅【第68回】 那須野ヶ原と黒田杏子

    【第68回】那須野ヶ原と黒田杏子広渡敬雄(「沖」「塔の会」)…

  3. 神保町に銀漢亭があったころ【第83回】対馬康子

    青春しました対馬康子(「麦」会長・「天為」最高顧問)私の「天為」編集長時代…

  4. 耳立てて林檎の兎沈めおり 対馬康子【季語=林檎(秋)】

    耳立てて林檎の兎沈めおり対馬康子 フランスでも「bento…

おすすめ記事

  1. 寒夕焼に焼き亡ぼさん癌の身は 成田千空【季語=寒夕焼(冬)】
  2. 【夏の季語】月涼し
  3. 【春の季語】蟻穴を出づ
  4. 薫風や今メンバー紹介のとこ 佐藤智子【季語=薫風(夏)】
  5. 【新年の季語】松の内

Pickup記事

  1. 【新年の季語】歌留多
  2. 鳥の恋いま白髪となる途中 鳥居真里子【季語=鳥の恋(春)】
  3. 【冬の季語】八手咲く
  4. 一番に押す停車釦天の川 こしのゆみこ【季語=天の川 (秋)】
  5. からたちの花のほそみち金魚売 後藤夜半【季語=金魚売(夏)】
PAGE TOP