小滝肇

  1. 数と俳句(四)/小滝肇

    数と俳句(四))小滝肇午後三時異空間めくビアホール  今井肖子昼ビール・・・なんという甘美な響き。夏の焼けるような暑さの日、ランチタイムの格安オプションのビールがメニュー看板にあると、ど…

  2. 数と俳句(三)/小滝肇

    数と俳句(三))小滝肇数詞はそれ自体に他の品詞にない異和感…

  3. 共にゐてさみしき獣初しぐれ 中町とおと【季語=初時雨(冬)】

    共にゐてさみしき獣初しぐれ)中町とおと(中町とおと句集「さみしき獣」(20…

  4. なだらかな坂数へ日のとある日の 太田うさぎ【季語=数へ日(冬)】

    なだらかな坂数へ日のとある日の)太田うさぎ(太田うさぎ第一句集「また明日」…

  5. 内装がしばらく見えて昼の火事 岡野泰輔【季語=火事(冬)】

    内装がしばらく見えて昼の火事)岡野泰輔(句集「なめらかな世界の肉」(201…

  6. 神保町に銀漢亭があったころ【第2回】小滝肇

おすすめ記事

  1. 【夏の季語】梅雨明
  2. 手袋に切符一人に戻りたる 浅川芳直【季語=手袋(冬)】
  3. 黒鯛のけむれる方へ漕ぎ出づる 宇多喜代子【季語=黒鯛(夏)】
  4. 腕まくりして女房のかき氷 柳家小三治【季語=かき氷(夏)】
  5. 「パリ子育て俳句さんぽ」【10月9日配信分】

Pickup記事

  1. 「パリ子育て俳句さんぽ」【8月27日配信分】
  2. 骨拾ふ喉の渇きや沖縄忌 中村阪子【季語=沖縄忌(夏)】
  3. 【春の季語】愛の日
  4. 【書評】佐怒賀正美 第7句集『無二』(ふらんす堂、2018年)
  5. 【冬の季語】湯ざめ(湯冷め)
PAGE TOP