小野初江

  1. 未生以前の石笛までも刎ねる 小野初江

    未生以前の石笛までも刎ねる)小野初江)掲句との出会いはおよそ二十年前―小野初江と私が参画する俳句会「LOTUS」の創設期にさかのぼる。当時、都内某所にて人知れず「豈」と「未定」のメンバー数名が集い、…

おすすめ記事

  1. 缶ビールあけて東京ひびきけり 渡辺一二三【季語=缶ビール(夏)】
  2. ひきつゞき身のそばにおく雪兎 飯島晴子【季語=雪兎(冬)】
  3. 大風の春葱畠真直来よ 飯島晴子【季語=春葱(春)】
  4. 【第6回】ラジオ・ポクリット(ゲスト:阪西敦子・太田うさぎさん)【前編】
  5. 【#28】愛媛県の岩松と小野商店

Pickup記事

  1. 怒濤聞くかたはら秋の蠅叩 飯島晴子【季語=秋(秋)】
  2. 鹿の映れるまひるまのわが自転車旅行 飯島晴子【季語=鹿(秋)】
  3. やはらかきところは濡れてかたつむり 齋藤朝比古【季語=蝸牛(夏)】
  4. 嵐の埠頭蹴る油にもまみれ針なき時計 赤尾兜子
  5. 【クラファン目標達成記念!】神保町に銀漢亭があったころリターンズ【7】/中島凌雲(「銀漢」同人)
PAGE TOP