山越文夫

  1. 魚のかげ魚にそひゆく秋ざくら 山越文夫【季語=コスモス(秋)】

    魚のかげ魚にそひゆく秋ざくら山越文夫学問の世界に身を置いていると、結論自体はさして目立たないことのほうが圧倒的に多い。とくに哲学や文学などという分野では、急に明日から「人間性」の定義が変わる…

おすすめ記事

  1. 「パリ子育て俳句さんぽ」【2月26日配信分】
  2. 甘き花呑みて緋鯉となりしかな 坊城俊樹【季語=緋鯉(夏)】
  3. 全国・俳枕の旅【第73回】 湖西マキノ町在原と大石悦子
  4. 【夏の季語】アロハシャツ(アロハ)
  5. 秋櫻子の足あと【第6回】谷岡健彦

Pickup記事

  1. ラグビーのゴールは青き空にあり 長谷川櫂【季語=ラグビー(冬)】
  2. にんじんサラダわたし奥様ぢやないぞ 小川楓子【季語=にんじん(冬)】
  3. 神は死んだプールの底の白い線  高柳克弘【季語=プール(夏)】
  4. 【連載】歳時記のトリセツ(14)/四ッ谷龍さん
  5. 【連載】新しい短歌をさがして【4】服部崇
PAGE TOP