干菜

  1. ばばばかと書かれし壁の干菜かな   高濱虚子【季語=干菜(冬)】

    ばばばかと書かれし壁の干菜かな高濱虚子(『五百句』)虚子にこういう句があって、ちょっと笑ってしまう。出だしの「ばばば」も可笑しいが、「か」を軸とする「あ」母音の生み出すリズムが軽やかで、向日性がある…

おすすめ記事

  1. 【秋の季語】鶏頭/鶏頭花
  2. ゆる俳句ラジオ「鴨と尺蠖」【第3回】
  3. 俳人・広渡敬雄とゆく全国・俳枕の旅【第45回】 池田と日野草城
  4. 来て見ればほゝけちらして猫柳 細見綾子【季語=猫柳(春)】
  5. もし呼んでよいなら桐の花を呼ぶ 高梨章【季語=桐の花(夏)】

Pickup記事

  1. 松風や俎に置く落霜紅 森澄雄【季語=落霜紅(秋)】
  2. 街坂に雁見て息をゆたかにす 福永耕二【季語=雁(秋)】
  3. 【#15】秋に聴きたくなる曲
  4. 【読者参加型】コンゲツノハイクを読む【2021年12月分】
  5. 山桜見て居ればつく渡舟かな 波多野晋平【季語=山桜(春)】
PAGE TOP