広渡詩乃

  1. 神保町に銀漢亭があったころ【第89回】広渡詩乃

    銀漢亭の一皿、俳人の味。 広渡詩乃(「栞」同人)銀漢亭に初めて伺ったのは、十数年前。当時、二十数年務めた銀座の広告会社から神保町に移り、フリーランスで仕事を始めた頃。俳句結社の先輩から伊那男さんのお店へお礼に行くの…

おすすめ記事

  1. 【夏の季語】夏休(夏休み)
  2. 「パリ子育て俳句さんぽ」【12月11日配信分】
  3. シゴハイ【第2回】青柳飛(会議通訳)
  4. 二ン月や鼻より口に音抜けて 桑原三郎【季語=二ン月(春)】
  5. 神保町に銀漢亭があったころ【第67回】鷲巣正徳

Pickup記事

  1. いつの間に昼の月出て冬の空 内藤鳴雪【季語=冬の空(冬)】
  2. 秋海棠西瓜の色に咲にけり 松尾芭蕉【季語=秋海棠(秋)】
  3. 【春の季語】余寒
  4. 季すぎし西瓜を音もなく食へり 能村登四郎【季語=西瓜(秋)】
  5. 「野崎海芋のたべる歳時記」桃のティアン
PAGE TOP