忠犬

  1. 白夜の忠犬百骸挙げて石に近み 中村草田男【季語=白夜(夏)】

    白夜の忠犬百骸挙げて石に近み)中村草田男 第8句集『時機(とき)』は草田男が生前に編んだ最後の句集であり、第7句集『美田』の13年後にあたる昭和55年(1980/草田男79歳)に刊行された。内容は『…

おすすめ記事

  1. 【夏の季語】母の日
  2. 虫籠は死んだら次の虫が来る  北大路翼【季語=虫籠(秋)】
  3. 倉田有希の「写真と俳句チャレンジ」【第3回】
  4. 【冬の季語】探梅行
  5. 澤龜の萬歳見せう御國ぶり 正岡子規【季語=萬歳(新年)】

Pickup記事

  1. 神保町に銀漢亭があったころ【第90回】矢野春行士
  2. 【春の季語】卒業歌
  3. 【短期連載】茶道と俳句 井上泰至【第8回】
  4. 流氷が繋ぐ北方領土かな 大槻独舟【季語=流氷(春)】 
  5. 俳人・広渡敬雄とゆく全国・俳枕の旅【第65回】 福岡と竹下しづの女
PAGE TOP