情死

  1. あきざくら咽喉に穴あく情死かな 宇多喜代子【季語=あきざくら(秋)】

    あきざくら咽喉に穴あく情死かな宇多喜代子(『りらの木』) 映画でもドラマでも自刃する時は、喉に短剣を突き立てるシーンが印象に残る。喉に思いっきり刃物を刺しても骨に当たるので、その横を流れる頸動脈を切…

おすすめ記事

  1. 夏場所や新弟子ひとりハワイより 大島民郎【季語=夏場所(夏)】
  2. 体内の水傾けてガラス切る 須藤徹【無季】
  3. ぐじやぐじやのおじやなんどを朝餉とし何で残生が美しからう 齋藤史
  4. 【特別寄稿】「十年目に震災句について考える」小田島渚
  5. ミステリートレインが着く猿の星 飯島章友

Pickup記事

  1. 夏至白夜濤たちしらむ漁港かな 飯田蛇笏【季語=夏至白夜(夏)】
  2. コーヒー沸く香りの朝はハットハウスの青さで 古屋翠渓
  3. 【新年の季語】左義長
  4. 【春の季語】春分の日
  5. 【冬の季語】聖菓
PAGE TOP