挙げる

  1. 白夜の忠犬百骸挙げて石に近み 中村草田男【季語=白夜(夏)】

    白夜の忠犬百骸挙げて石に近み)中村草田男 第8句集『時機(とき)』は草田男が生前に編んだ最後の句集であり、第7句集『美田』の13年後にあたる昭和55年(1980/草田男79歳)に刊行された。内容は『…

おすすめ記事

  1. 実るなと掴む乳房や春嵐 渡邉美愛【季語=春嵐(春)】
  2. 薄氷の筥の中なる逢瀬かな 大木孝子【季語=薄氷(春)】
  3. 【連載】新しい短歌をさがして【11】服部崇
  4. 【冬の季語】節分会
  5. 笠原小百合の「競馬的名句アルバム」【第6回】2018年フェブラリーステークス・ノンコノユメ

Pickup記事

  1. あたたかき十一月もすみにけり 中村草田男【季語=冬の空(冬)】
  2. 【書評】佐怒賀正美 第7句集『無二』(ふらんす堂、2018年)
  3. 俳人・広渡敬雄とゆく全国・俳枕の旅【第70回】 浅草と久保田万太郎
  4. 胸の炎のボレロは雪をもて消さむ 文挾夫佐恵【季語=雪(冬)】
  5. 【春の季語】建国記念の日/建国記念日 建国の日 紀元節
PAGE TOP