斉田仁

  1. シャボン玉吹く何様のような顔 斉田仁【季語=石鹸玉(春)】

    シャボン玉吹く何様のような顔斉田仁))ふつう、「〇様のような」と言って〇の部分を埋める場合に思い浮かぶのは神に仏、それに王とか殿とか若とか坊、あるいは父、母、爺、婆、お子。自分にとってアイドル的存在…

おすすめ記事

  1. よし切りや水車はゆるく廻りをり 高浜虚子【季語=葭切(夏)】
  2. ラーメン舌に熱し僕がこんなところに 林田紀音夫
  3. 【冬の季語】ストーブ
  4. 俳人・広渡敬雄とゆく全国・俳枕の旅【第14回】お茶の水と川崎展宏
  5. 蔓の先出てゐてまろし雪むぐら 野村泊月【季語=雪むぐら(冬)】

Pickup記事

  1. 「パリ子育て俳句さんぽ」【1月15日配信分】
  2. 椿咲くたびに逢いたくなっちゃだめ 池田澄子【季語=椿(春)】
  3. 紙魚の跡たどりて紙魚に逢はんとす 後藤夜半【季語=紙魚(夏)】
  4. 二人でかぶる風折烏帽子うぐひすとぶ 飯島晴子【季語=鶯(春)】
  5. 秋うらら他人が見てゐて樹が抱けぬ 小池康生【季語=秋うらら(秋)】
PAGE TOP