明るさ

  1. 個室のやうな明るさの冬来る 廣瀬直人【季語=冬来る(冬)】

    個室のやうな明るさの冬来る廣瀬直人この作者の作としては、大柄で格調高い句、たとえば「夕暮は雲に埋まり春祭」や「葱伏せてその夜大きな月の暈」、「大年の嵯峨清涼寺闇に入る」などがその評価の中心だと思って…

おすすめ記事

  1. 悲しみもありて松過ぎゆくままに 星野立子【季語=松過(新年)】
  2. 【夏の季語】母の日
  3. 行秋や音たてて雨見えて雨 成瀬正俊【季語=行秋(秋)】
  4. 魚は氷に上るや恋の扉開く 青柳飛【季語=魚氷に上る(春)】
  5. 一燈を消し名月に対しけり 林翔【季語=名月(秋)】

Pickup記事

  1. ほほゑみに肖てはるかなれ霜月の火事の中なるピアノ一臺 塚本邦雄
  2. 【短期連載】茶道と俳句 井上泰至【第9回】
  3. 枯蓮のうごく時きてみなうごく 西東三鬼【季語=枯蓮(冬)】
  4. 「パリ子育て俳句さんぽ」【2月5日配信分】
  5. 【冬の季語】冬薔薇
PAGE TOP