春の水

  1. 春の水とは濡れてゐるみづのこと 長谷川櫂【季語=春の水(春)】

    春の水とは濡れてゐるみづのこと長谷川櫂(『古志』) この句が時折、エロスの句として話題になるのは何故だろう。恐らく〈濡れてゐる〉という言葉がエロスの扉を開くキーワードになっているからではないだろうか…

おすすめ記事

  1. 【夏の季語】百合
  2. 【復活?】神保町に銀漢亭があったころ【目次】
  3. 俳人・広渡敬雄とゆく全国・俳枕の旅【第3回】葛飾と岡本眸
  4. 隠岐やいま木の芽をかこむ怒濤かな 加藤楸邨【季語=木の芽(春)】
  5. つゆくさをちりばめここにねむりなさい 冬野虹【季語=露草 (秋)】

Pickup記事

  1. 松山藩主松平定行公と東野、高浜虚子や今井つる女が訪れた茶屋について(2)
  2. ラグビーのジヤケツの色の敵味方 福井圭児【季語=ラグビー(冬)】
  3. 数と俳句(二)/小滝肇
  4. 【連載】歳時記のトリセツ(13)/関悦史さん
  5. 結構違ふよ団栗の背くらべ 小林貴子【季語=団栗(秋)】
PAGE TOP