春雪

  1. 【春の季語】春の雪

    【春の季語=三春(2月〜4月)】春の雪暦のうえで「立春」を過ぎた後に降る「雪」のこと。「春雪」ともいう。気温が上昇しているため、水分を多くふくんだ「牡丹雪」なども春の季語となっている。また、…

  2. 【春の季語】春雪

    【春の季語=三春(2月〜4月)】春雪「春の雪」を漢語的にいう言葉。…

  3. 春雪の一日が長し夜に逢ふ 山田弘子【季語=春雪(春)】

    春雪の一日が長し夜に逢ふ山田弘子(やまだ・ひろこ)何かの延…

おすすめ記事

  1. 水鏡してあぢさゐのけふの色 上田五千石【季語=あぢさゐ(夏)】
  2. きりんの子かゞやく草を喰む五月 杉山久子【季語=五月(夏)】
  3. 詠みし句のそれぞれ蝶と化しにけり 久保田万太郎【季語=蝶(春)】
  4. 神保町に銀漢亭があったころ【第38回】柚口満
  5. 【連載】久留島元のオバケハイク【第4回】「野槌」

Pickup記事

  1. マフラーを巻いてやる少し絞めてやる 柴田佐知子【季語=マフラー(冬)】
  2. 神保町に銀漢亭があったころ【第112回】伊達浩之
  3. 神保町に銀漢亭があったころ【第106回】後藤章
  4. 鎌倉を驚かしたる余寒あり 高濱虚子【季語=余寒(春)】
  5. 「野崎海芋のたべる歳時記」わが家のクスクス
PAGE TOP