昨日

  1. ひよんの実や昨日と違ふ風を見て   高橋安芸【季語=ひよんの実(秋)】

    ひよんの実や昨日と違ふ風を見て)高橋安芸長野県俳人協会編『信濃句集』で目を引いた作家として高橋安芸の名も挙げておきたい。 約束のごとし松過ぎ流れ出す 古葦に鳥の目覚めの声みじか…

おすすめ記事

  1. 花散るや金輪際のそこひまで 池田瑠那【季語=花散る(春)】
  2. 湯の中にパスタのひらく花曇 森賀まり【季語=花曇(春)】
  3. 凩の会場へ行く燕尾服  中田美子【季語=凩(冬)】
  4. ミャンマーを思う
  5. 魚卵たべ九月些か悔いありぬ 八田木枯【季語=九月(秋)】

Pickup記事

  1. 【連載】久留島元のオバケハイク【最終回】方相氏
  2. 花ミモザ帽子を買ふと言ひ出しぬ 星野麥丘人【季語=花ミモザ(春)】
  3. 【冬の季語】寒卵(寒玉子)
  4. 見るうちに開き加はり初桜 深見けん二【季語=初桜(春)】
  5. 【秋の季語】秋思
PAGE TOP