時計

  1. 時計屋の時計春の夜どれがほんと 久保田万太郎【季語=春の夜(春)】

    時計屋の時計春の夜どれがほんと久保田万太郎あっさいあるあるから入らせてもらうが、この俳句を「春の夜の時計春の夜どれがほんと」と言ってしまう、というのがある。この俳句の場合、「時計屋の時計(の…

  2. 冬ざれや父の時計を巻き戻し 井越芳子【季語=冬ざれ(冬)】

    冬ざれや父の時計を巻き戻し)井越芳子 今期(2023年冬)…

  3. 嵐の埠頭蹴る油にもまみれ針なき時計 赤尾兜子

    嵐の埠頭蹴る油にもまみれ針なき時計)赤尾兜子赤尾兜子と言え…

おすすめ記事

  1. 【冬の季語】小六月
  2. 捩花の誤解ねぢれて空は青 細谷喨々【季語=捩花(夏)】
  3. 【#38】山口誓子「汽罐車」連作の学術研究とモンタージュ映画
  4. しばらくは箒目に蟻したがへり 本宮哲郎【季語=蟻(夏)】
  5. ライターを囲ふ手のひら水温む 斉藤志歩【季語=水温む(春)】

Pickup記事

  1. 指は一粒回してはづす夜の葡萄 上田信治【季語=葡萄(秋)】
  2. 【秋の季語】山椒の実
  3. 「パリ子育て俳句さんぽ」【4月23日配信分】
  4. 【クラファン目標達成記念!】神保町に銀漢亭があったころリターンズ【19】/鈴木淳子(「銀漢」同人)
  5. 筍にくらき畳の敷かれあり 飯島晴子【季語=筍(夏)】
PAGE TOP