曳く

  1. スタールビー海溝を曳く琴騒の 八木三日女

    スタールビー海溝を曳く琴騒の八木三日女(「Unicorn」創刊号 昭和43年)「Unicorn」を短く紹介すると、高柳重信や金子兜太、あるいは飯田龍太ら、高度成長期の俳壇をリードする戦後俳句の俳人達…

おすすめ記事

  1. 【冬の季語】浮寝鳥
  2. 【夏の季語】向日葵
  3. 数と俳句(一)/小滝肇
  4. 【第4回】巴里居候雑記/名取里美
  5. 枇杷の花ふつうの未来だといいな 越智友亮【季語=枇杷の花(冬)】

Pickup記事

  1. 【冬の季語】蕪
  2. 背広よりニットに移す赤い羽根 野中亮介【季語=赤い羽根(秋)】
  3. 初夢にドームがありぬあとは忘れ 加倉井秋を【季語=初夢(新年)】
  4. 【連載】「ゆれたことば」#5「避難所」千倉由穂
  5. 【冬の季語】咳く
PAGE TOP