木曾

  1. 俳人・広渡敬雄とゆく全国・俳枕の旅【第23回】木曾と宇佐美魚目

    【第23回】木曾と宇佐美魚目広渡敬雄(「沖」「塔の会」)木曾は長野県の南西部、江戸時代に中仙道の十一宿があり、木曽福島に関所が設けられた。文豪島崎藤村は『夜明け前』で「木曽路はすべて山の中」と書いて…

カテゴリー記事一覧

記事一覧

PAGE TOP