本井英

  1. ほととぎす孝君零君ききたまへ 京極杞陽【季語=時鳥(夏)】

    ほととぎす孝君零君ききたまへ)京極杞陽) 句集『但馬往』より。 昭和31年千葉県の鹿野山神野寺での夏行での俳句。神野寺での夏行は「ホトトギス」の行事として昭和28年から33年にかけて開催。虚…

  2. 【連載】もしあの俳人が歌人だったら Session#4

    【連載】もしあの俳人が歌人だったらSession#4このコーナーは、気鋭の…

  3. 神保町に銀漢亭があったころ【第72回】本井英

    銀漢亭のおみそ本井英(「夏潮」主宰)私は子供の頃から鎌倉・逗子に住んでいる…

おすすめ記事

  1. 【冬の季語】寒し
  2. 妻が言へり杏咲き満ち恋したしと 草間時彦【季語=杏の花(春)】
  3. 【春の季語】初蝶
  4. 鳥けもの草木を言へり敗戦日 藤谷和子【季語=敗戦日(秋)】
  5. 俳人・広渡敬雄とゆく全国・俳枕の旅【第13回】神戸と西東三鬼

Pickup記事

  1. 【夏の季語】汗/汗ばむ 玉の汗
  2. 【#29】スマッシング・パンプキンズと1990年代
  3. 引退馬支援と『ウマ娘』と、私が馬を詠む理由
  4. 順番に死ぬわけでなし春二番 山崎聰【季語=春二番(春)】
  5. 【冬の季語】実南天
PAGE TOP